×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  お気に入り  腹が立った 驚いた 怖かった 救いがない
 どうなんだろう  悲しい
 よく解らない
 考えさせられる 別に読まなくてもよかった
トップ
博士の愛した数式  小川 洋子
新潮社
2003.08.30第一刷発行 2009.08読   図書館借
家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。 (Amazonより)
2004年、第1回本屋大賞および第55回読売文学賞を受賞。
あまり数多くの本を読んでいない私ではあるが、この本は2009.8月現在もっとも良かった本である。
とにかくルートが可愛い!!そしていい子なのである!!本当にこんな子がいたら頭を撫でまわしたい!!この作品は最初テレビで映画をやっていて知った。本が原作とは知りませんでした。もう5年以上くらい前??
姉に「『博士の愛した数式』はいいよ」と薦められ読みました。数学が苦手な方でもOKって、その内の私がそうですから。心温まるお話です。表紙の絵もこの本の雰囲気にマッチしていると思います。この方の他の本も読みたい!!と思いました。
是非!!お奨め!!