×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  お気に入り  腹が立った 驚いた 怖かった 救いがない
 どうなんだろう  悲しい
 よく解らない
 考えさせられる 別に読まなくてもよかった
トップ
調律師の恋  ダニエル・メイソン
                             図書館借   2007.12月読
角川書店
19世紀ロンドン。ピアノ調律師エドガーのもとに陸軍から奇妙な依頼が届く。それはビルマの奥地に赴き、軍医であるキャロル医師が持っているエラールの調律をしてほしいという内容だった。エラールとは、音楽通には憧れともいえる伝説のピアノである。キャロルのいるビルマは、まさにイギリスが植民地戦争を仕掛けていた。遙か遠く、しかも戦時下のビルマになぜ伝説のピアノがあるのか。疑問と不安を抱きながら、彼はビルマへと旅立つ。やがて未知なる土地でのさまざまな出会いが、エドガーを逃れられない運命へと引きずり込んでいく。 (Amazon紹介文より)
調律師の事を知りたくて借りた本ですが、
はっきりいって、調律の事が皆無といっていいほどでした。
このお話は医学生だった作者が書いた処女作だそうです。
外国人感覚なのだからでしょうか?あの重いピアノをあのビルマの奥地まで運ぶ??そこがちと・・・。
幻想的なお話である。
。・