×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ
  お気に入り  腹が立った 驚いた 怖かった 救いがない
 どうなんだろう  悲しい
 よく解らない
 考えさせられる 別に読まなくてもよかった
焚火の終わり 上下  宮本耀
  
集英社
上 1997.10.20 第一刷発行
下 1997.10.20 第一刷発行
2009.08 図書館借り
出生の秘密をめぐって“血の迷路”をさまよった末、異母兄妹がたどり着く禁忌を超えた純粋な愛。ふくよかで厳かな快楽を与えあう二人を通して、生の歓び、快楽の根源をさぐる。(Amazonより)
ネタベレ反転

・・・・・結局、二人は『兄妹』だったのだろうか?今まで、伏線・・・・結局は・・・?
謎が謎を呼び、主人公達には『父親が誰か?』解らなくても、読者には解らせて欲しい。
何が『許す』なのだろうか?なぜあの人だけ顔を部分が切り取られていたのか?
切り取られるほど、憎まれていたのだろうか?ただ単に実花に父親が誰か?を解らせない為?
錦秋(字が出ません)  宮本 輝
P270
新潮文庫
昭和60年05月25日初版
平成16年06月05日 62刷
解説黒井 千次
2010.7月図書館借り