×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  お気に入り  腹が立った 驚いた 怖かった 救いがない
 どうなんだろう  悲しい
 よく解らない
 考えさせられる 別に読まなくてもよかった
トップ
冬のひまわり   五木 寛之 新潮社     P183
1985年09年25日 初版
1985年11月20日 第3刷
図書館借り
2010.01読み

夏が巡るたび、深まる想い?。20年にわたる男女の愛の軌跡を、透明なタッチで描いた恋愛小説。
(Amazon より)

無料地方情報誌Livingにて、おススメの恋愛小説で、掲載されていたので、借りました。
すうっと読めました。
主人公の旦那様が、すごくいい人過ぎ!!最後の旦那様には、思わず涙が・・・。
初恋は中々忘れられないのでしょうね。
朱鷺の墓  空笛の章    五木寛之 新潮社   P253
昭和44年12月10日発行 2010.02  図書館借り
日露戦争下の城下町金沢を舞台に、美貌の芸妓・染乃とロシア貴族出身の青年将校イワーノフとの恋の行方を描いた作品。「婦人画報」連載途中より話題となり、テレビドラマや演劇にもなった。
(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)
一、
空笛の章は、染乃がイワーノフと出会い、結婚するが、染乃は昔から染乃を我者にしようとしてた旦那によって、ある町の遊郭へと連れ去られる。そして、彼女の幼馴染の機一朗によって救われるが、またもや染乃は連れ去れ、今度はウラジオへと娼婦として連れ去られる。
あの時、機一朗の許へ行っていたら、染乃の運命は変わっていたのだろうか?いや、機一朗と一緒になっても、染乃には過酷な運命が待っていただろう。でもイワーノフと一緒になるよりはまし??
朱鷺の墓  花風の章 新潮社   P239
昭和46年04月30日初版
昭和53年06月10日 第19刷
2010.02  図書館借り
異国の港町に娼婦として売られた染乃は、シベリアで政治犯として強制労働させられていたイワーノフを再会する。釈放されたイワーノフは染乃と一緒に暮らし始めるが、ロシア革命が二人の運命を、飲み込んでいく。そして、機一朗も政治犯として独房へと入っていた。釈放の条件にスパイになることを強制された機一浪は、特殊訓練を受け、非常の暗殺者へと仕立てられ、ロシアで染乃と再会するが・・・
兎に角!!機一朗が恰好いい!! それだけ??
朱鷺の墓  愛怨の章 新潮社   P206
昭和47年12月05初版
昭和52年01月30日  第13刷
2010.02  図書館借り
ペテログラード、バルカン、パリへと逃亡生活をする染乃とイワーノフ。
機一朗が病魔に。染乃はイワーノフと機一朗を両方愛そうとするのだが、機一朗は、イワーノフの妹を助ける為に一人残る事に・・・。兎に角機一朗がカッコいい!!
朱鷺の墓  流水の章    (完結) 新潮社  P227
昭和53年04月25日  初版 2010.02  図書館借り
日本へと帰っていた染乃とイワーノフ。二人は細々と慎ましく暮らしていくが・・・
10年にも及ぶ連載、ここに完結。
最後の最後まで、安楽の地は見つからず、イワーノフは日本人に半ば殺されたように、病魔で死んでしまう。五木先生は日本人が嫌いなのだろうか? いや、日本人って結構こういう者かもしれない。島国だからなのだろうか?冷たく、偏見に満ちている。
日本に見切りをつけた染乃は再びロシアへ。最後の最後で、機一朗の消息の有無を聞く、染乃。機一朗は生きているのか?でも、多分死んでいるだろうと、思うのだが・・・。
五木寛之小説全集   変奏曲  
五木寛之
講談社
昭和54年12月18日 第一刷発行 2010.02月  図書館借
中身は 白夜草紙 / 変奏曲
変奏曲しか読んでません。
作者は、今の政治をあまりよく思っていないのだろうか?
森井が靴下を洗うシーンは、侘しさが胸に迫る。