×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップ
  お気に入り  腹が立った 驚いた 怖かった 救いがない
 どうなんだろう  悲しい
 よく解らない
 考えさせられる 別に読まなくてもよかった
東京タワー  オカントとボクと、時々、オトン   
 リリー・フランキー
扶桑社 P449
2005年06月30日 初版第1刷発行
2006年04月30日 第26刷発行
2009年12月読み
友人から借り
母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。
(Amazon より)
読みやすい・・・との評判だったのだが、私には、とても苦痛でした。
本の帯に、「聖書のようだ」とのコメントがありましたが、私的には、違う意味で【聖書】でした。
つまり、難しかった・・・です。
内容的には、感動巨編だろうとは思うのですが・・・