×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  お気に入り 面白かった 驚いた 怖かった 救いがない 腹が立った
 どうなんだろう  悲しい
 よく解らない
 考えさせられる  別に読まなくてもよかった
トップ
殺戮にいたる病
殺戮にいたる病   我孫子武丸
   
殺戮にいたる病  我孫子武丸
図書館借 2009.07月 図書館借  2009.7月
講談社 講談社文庫
平成04年9月25日 第一刷発行 1998.6.30 第5刷発行
巻末 作者本人のコメント 巻末 笠井 潔氏の解説
ある男が逮捕された。そこから始まる猟奇的殺人事件の物語。
姉に薦められて読みました。
随分と前の作品ではありますが、今読んでも遜色はありません!いえ、反対に【今】だからこそ、【生きる】!お話だと思う!
その内容は伏せておきますが、読み終わった後に「もう一回読もう!」と初めて思いました。
で、2回目は文庫本を読みました。2回読むと、より一層、犯人の心理描写とその犯人
を取り巻く人達の描写も・・・。
母親の雅子「こういった母親・・・嫌だな〜〜〜」でしたけどね?息子を心配するのは解るが、「あそこまでする!!??」本人が知ったら、拒絶すると思うけどね?私だったら、絶好だけど・・・。
ただ、内容はエグイです・・・。私は好きですけどね?
最初は、樋口が看護師を殺して、後は犯人の【稔】が殺したと思っていた。
ネタバレ疑問??  反転してお読みください??

腑に落ちない点。
第一の犯行。同じ大学の生徒を殺害するが、助教授の顔を知らないものなのだろうか?
そして、年齢。確かに若く見える人もいる。が、40代を20代に見えるのだろうか?
そして、何故今なのか?今まで、どうしてそういった犯行をしなかったのか?何が切っ掛けなのだろうか?父親が死んで5年経ってからである。
そして、(ばっかりだな)最後の殺害。何故息子を殺してしまったのか?もうその時は精神障害(って、その前からそうではあったが)がピークに達していたのか?だったら、最初のエピローグの平静さはなんなのだろうか?疑問を追及し出したら、キリがないが・・・